キャッシング 歴史

レディースローンが生まれた背景|キャッシングの歴史

 

レディースローンを利用してお金を借りる女性が増えていますが、レディースローンは最近になったよく耳にするようになった名称なので、レディースローンは最近になって出来た新しいローンサービスと思っている人が少なくありません。

 

レディースローンは50年以上前からあるとも言われていて、キャッシングサービスの歴史と同じくらいの長さになっていますが、通常のキャッシングサービスのように前面に出てこなかったのは、女性が消費者金融からお金を借り入れる行為がタブー視されていたことが理由となっています。

 

今の時代ではあまり考えられませんが、昔は男女差別が今に比べて顕著だったため、消費者金融からお金を借り入れる行為そのものが男性に比べて風が悪いと思われていました。

 

ですが、女性でも急にお金が必要になることがあるので、急にお金が必要になった場合はレディースローンを利用していたのですが、サラ金のように大きな店舗を構えてお金の貸し出しをしているところは少なく、個人店舗規模の消費者金融が人目に隠れて女性にお金を貸していました。

 

最近ではレディースローンと前面に出して女性にお金の貸し出しをする金融機関がほとんどとなっていますが、これは女性の社会進出が進んだことと、昔に比べると男女差別が減って男女が均等に見られるようになってきたからだと言われています。

 

ただし、お金を借り入れる行為に抵抗を持っている女性は少なくないので、レディースローンを設けてお金の貸し出しを行っています。

 

 

→『レディースローンとキャッシングの違い

関連ページ

レディースローンとは
レディースローンはキャッシングサービスの対象者を限定したローンなので、通常のキャッシングサービスと大きく異なる点というのはそこまで無いため、これまでにキャッシングサービスの利用をしたことがある人ならそこまで迷うことなくレディースローンを利用してお金の借り入れを行うことができます。
レディースローンとキャッシングの違い
通常のキャッシングサービスでも女性が利用することができるため、レディースローンでお金を借りずに一般的なキャッシングサービスでお金を借りている女性はたくさんいますが、レディースローンとキャッシングの違いが分からずにどちらでお金を借りようか迷っている女性は多くいると思います。
消費者金融のレディースローン
今でこそレディースローンや女性専用ローンと言った、女性をターゲットにしたキャッシングローンサービスを提供している金融機関は増えていますが、女性を対象としたキャッシングサービスは消費者金融が昔から行っていました。
銀行のレディースローン
レディースローンと言えば、消費者金融をイメージする女性が多いのではないかと思いますが、レディースローンに限らず個人向けの融資を行う金融機関は消費者金融がほとんどで、銀行は個人向けにお金を貸し出す場合は住宅ローンやマイカーローンなど高額な貸し付けになる場合に限られていました。
クレジットカードとレディースローン
レディースローンを始めとするキャッシングサービスは消費者金融がメインに行っていたものの、銀行やクレジットカード会社なども個人向けキャッシングサービスの事業に参入するようになり、様々な金融機関が個人向けキャッシングサービスを行うようになりました。

【レデロン】メニュー