レディースローン 夫に内緒

配偶者への連絡について|レディースローンは夫に内緒で!

 

レディースローンの利用者には主婦が多いと言われていますが、総量規制によって年収の3分の1を超える借り入れが出来なくなったので、主婦がレディースローンでお金を借り入れることも難しくなったと思われています。

 

基本的に主婦の場合は配偶者の収入が審査の対象となってくるため、専業主婦でもレディースローンを利用してお金を借り入れることができますが、配偶者への連絡や書類の提出が必要になる場合があります。

 

レディースローンを利用する主婦の中には、配偶者に知られることなくお金を借りたいと思っている主婦も少なくないと予想することができますが、レディースローンを提供している金融機関の中には配偶者への連絡をしないでお金を貸してくれるところがあります。

 

また、銀行のレディースローンになると総量規制による縛りが無くなるため、レディースローンの審査を行う場合に、配偶者の収入ではなく主婦自身の信用情報で審査をしてくれるようになるので、配偶者への連絡が自然と不要な状態でお金の借り入れが可能になります。

 

最近では収入証明書の提出が義務付けられたので、レディースローンの利用を考えている場合も収入証明書を用意しないといけないケースがありますが、消費者金融では50万円の借り入れなら収入証明書が不要なので、収入証明書を用意しないで借り入れることもできます。

 

また、銀行になると収入証明書の提出そのものが不要なところもあるので、必要な書類が身分証明書だけで良い場合もあります。

 

 

→『レディースローンの特権をフル活用する

関連ページ

総量規制の基本を抑える
一昔前までは、キャッシングローンを利用する際に希望する借り入れ上限金額を設定していることで、その希望する借り入れ上限金額通りのお金が借り入れできることも多かったのですが、最近では希望する上限金額通りのお金が借りられなくなっていることが増えています。
レディースローンの特権をフル活用する
急にお金が必要になった場合に、キャッシングサービスは即日での借り入れも可能になっているので、急にお金が必要になった場合はキャッシングサービスを利用してお金を借り入れると便利です。
多重債務にならないために
最近になってグレー金利ゾーンの貸し付け禁止法案や総量規制の施行など、キャッシングサービスやレディースローンの基本となるカードローン利用によるお金の借り入れが厳しくなってきていますが、これは増える多重債務者を減らすための措置の一環で、実際に金融取引の締め付けを強化したことによって多重債務者は減りつつあると言われています。
キャンペーンを利用する
レディースローンの利用を考えている場合に、金融機関やカードに特別なこだわりが無い場合はお得なキャンペーンを提供している金融機関を選んでお金の借り入れを進めていきたいところですが、レディースローンを提供している金融機関の中には無金利キャンペーンというキャンペーンを提供しているところがあります。
レディースローンの金利の仕組みを知る
レディースローンを利用する女性の中に、レディースローンを利用すると金利がお得になるのでレディースローンを利用しているという女性は意外に多くいますが、レディースローンは女性がお金を借りやすい環境を作ってくれるものの、金利が一般的なキャッシングサービスに比べて低いというわけではないので、低金利を目的としてレディースローンの利用を考えている場合は注意が必要です。

【レデロン】メニュー