結婚式 節約 方法

結婚式の節約方法!

 

上手な結婚式節約方法としては、まず一つ目に時期による値引きは基本となります。

 

結婚式を挙げる際には、値段が安くなる曜日や時間帯、季節などが存在します。

 

曜日であれば平日、時間帯は夕方、季節であれば真夏や真冬が最も安くなる時期と言えるでしょう。

 

また六曜の仏滅も値引きをする式場が多く見られます。

 

 

結婚式の費用を抑えるには?

 

一般的に結婚式場は1年ほど前から予約をしておく人が多く見られます。

 

そのため挙式まで1年を切ると予約がなかなか埋まりにくくなるので、挙式までの日数が少ないほど値引きしてもらいやすい傾向にあるでしょう。

 

特に半年以内の挙式を予定するのであれば、大幅な値引きを受けられる可能性も高く、この値引きだけで100万円近く、安くなる可能性もあります。

 

半年以内の挙式となると、準備が間に合わないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、打ち合わせは大体挙式の4カ月から5か月前ごろにはじまるため、半年前に予約を行ったとしても、準備は意外と間に合うものです。

 

 

結婚式で節約するには手作りがいい?

 

手作りできるものは手作りにすることで、費用を安く抑えることができます。

 

招待状や席次表、席札というようなペーパーアイテムは、持ち込み料を取らない式場も多く見られます。

 

その為、これらを手作りすることにより、一人分当たり500円以上も節約することが可能です。

 

 

もしも招待客が100名いるのであれば、これだけで5万円以上の節約になることになります。

 

そのほかにもウエルカムボードやリングピロー、ブーケトス用のブーケなども、自分で手作りすることができます。

 

また自分で作らなくても、友人や母親に手作りしてもらったり、格安で作ってもらえる業者に外注する方法も節約の手段となるでしょう。

 

 

まとめ

 

式場で手配してもらうよりも、持ち込みにした方が安く済ませられるものも多く見られます。

 

衣装やヘアメイク、引き出物やプチギフトなどがあげられます。

 

しかしプランによっては持ち込み不可のケースもあるので、事前に何を持ち込んでもよいのか、持ち込む場合には費用はいくらなのかをしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

関連ページ

化粧水を節約するにはコットンを使う?無駄遣いしないために!
こまめな掃除や洗濯で節約することでお金が貯まるって本当?
部屋の汚れは心の乱れという言葉があるように、ごみや洗濯物をためてしまうような生活をしているといつの間にか生活習慣そのものがだらしなくなってしまう傾向があります。また部屋が散らかっていたり、洗濯物がたまっているような生活をしていると、孤独死や無縁死といった将来を迎える人が多くなったり、貯金がうまくできないといった説があるくらいです。

【レデロン】メニュー